STORY

HIDEKI UDA
01

夢を追いかけたサッカー少年。
中田英寿選手に憧れたもう一人の「ヒデ」。

1987年4月6日、滋賀県信楽町に生まれ育った宇田秀生(うだひでき)。小学1年生の時に兄の影響でサッカーを始め、毎日、日が暮れるまで全力でボールを追いかけた。高校卒業まで県代表選手として活躍するも「一生分走った」と思うほど過酷なトレーニングに、一時は情熱を失いそうに。しかし「おまえはチームの宝だ」というコーチの言葉に、幼い頃抱いた夢へ向けて、再び走り出す。

スポーツ特別枠で大学に進学すると、「全力で今を楽しむ」のモットー通り、新しい環境で出会った仲間たちと学生生活を謳歌する。卒業後は建設会社に就職し、2013年5月5日には大学時代に知り合った亜紀さんと結婚。順風満帆、幸せの真っ只中だった。この時、どうして想像できただろう。そのわずか5日後、就業中の事故で機械に巻き込まれ、生死の狭間を彷徨うことになろうとは。

02

幸せの絶頂期に襲いかかった、
人生最大の絶望と葛藤と。

なんとか一命を取り留めるも、目を覚ました時、薄れゆく意識の中で目にした悪夢が、現実以外のなにものでもなかったことを知る。「なくなっちゃった…」。昨日までたしかにあったはずの右腕が、もうそこにはなくなっていた。「ペットボトルのフタすら開けられない」「ネクタイだって結べない」。これからの人生で、一体何度「できない」が、待ち受けているのだろうか。

「なんとかなるよ、二人一緒だから」。途方に暮れる夫を、精一杯の笑顔で支えたのは、妻の亜紀さんだった。「元気のないヒデは、ヒデじゃない」。地元や遠方から何十人もの友人が駆けつけてくれた。応援メッセージをプリントしたシャツ着て、祈りを込めた千羽鶴を折る真剣なみんなの眼差し。ひとつ、またひとつ、そして遂には1万2千もの想いが手渡される。「これ以上弱い自分は見せられない。」そう、もうすぐ生まれてくる自分の息子にも…。

03

運か、実力か、それとも才能か。
その答えは既に見えている。

本当の転機はこれだけではなかった。大事故からわずか半年後のこと、「片手で泳げるなら」とリハビリの延長でトライアスロンをはじめる。「やるなら、勝つ」。その気持ちだけで、地元滋賀で開催された「びわ湖トライアスロン大会」に出場する。レース2週間前に完成したロードバイクを駆り、いきなり準優勝。「パラリンピックいけるんちゃうかな。」この時そう思ったのは、本人だけではなかった。

「本格的にやってみないか。」トライアスロンチームの監督から声をかけられ、勢いに任せて「アジアパラトライアスロン選手権」に出場。2レース目にして見事、優勝を果たす。大事故から2年、初レースからわずか2ヶ月後のことだった。その後、世界選手権やワールドカップで連戦上位入賞を果たし、2017年7月には世界ランキング1位に。現在も、仕事と家庭との忙しい合間を縫ってトレーニングに励む。専業アスリートではないのだ。そう、宇田秀生は、まだまだ強くなれる。

Message

誰もが、誰かの原動力になれる。

26歳の時、事故によって右腕を失いました。

一生、忘れることはできないでしょう。

それでも、今その事故を100%受け入れられるのは、
一生失うことのない家族や友人たちとの絆を手にしたからです。

今、本当に多くの力をもらっています。

こうしてパラトライアスロンで世界に挑戦し続けられるのも、
レース中に限界を感じた時、勝利を諦めそうになった時、
みんなの「ヒデ、ガンバレ」という力強い声が、
次の一歩を後押ししてくれているからに他なりません。

これからも、これまで以上に活躍する姿を見ていてください。

みんなからもらった力を原動力に、
必ず最高のゴールを勝ち取ります。

みんなの原動力になれるような、
最高の笑顔で。

Hideki Uda

ROAD TO TOKYO 2020
サポーター・スポンサーを募集しています。

わたしたちはサポーター・スポンサーを募集しています。
講習依頼、出演依頼などはお問合せください。